おしゃべりインコ

時々たくさんの言葉を覚える小鳥を見ることがあります。会話のやりとりが成立しているのか?と思うほど可笑しくなります。子どものころにインコをつがいで飼い、4つの卵からひながかえり手乗りに育てました。4羽ともそれぞれかわいくて、学校から帰るとハウスから出して遊ぶのが楽しみでした。いっぱい言葉も教えたつもりでしたがどの子もおしゃべりせず。卵からもうすぐひなが生まれる数日のことを今でもよく覚えています。図書室で「小鳥の飼い方」という本も借りて読み、お世話をしました。今ではなんでもネットで調べられますが、そんな時代でした。