じょうげレコード

先日上下町へ行きました。もしかして見られるかも?と思っていた矢先に目に飛び込みました。県民ならみんな知っているあのレコード店。子どものころはこんなレコード店が商店街にあったんですよね。今やCDすら減り、配信になりつつありますが、アナログのレコードには人には聞こえない音域も録音されいて、それが癒しになっているらしいです。CDはどうせ聞こえないから、という理由もあり容量を増やすために聞こえない音域の上下をカットしているそうです。今でも愛される理由はちゃんとあるんですね。