四九日

よく四九日と聞きます。一つの区切りとしてこの日を境と考える方も多いと思います。仏教において、四九日の法要はより良い世界へ転生するための応援なのだそうです。その中でも浄土真宗は「亡くなったのと同時に極楽浄土に往生する」なので亡くなった方を思い、仏教に親しむ時期としているそうです。教えによっても四九日までの過ごし方は様々ですので、特に決まりはありません。私は庭に埋葬し、時々写真を見て楽しかったことを思い出しています。