移動火葬車の歴史

30年以上の歴史があり、現在東京や大阪など大都市でも多くの方が利用されているポピュラーなペットセレモニーです。
当初は車両も大きく、広いお庭のある富裕層向けの高級葬儀でしたが、低煙技術の向上と小型化に伴い一般家庭向けにも普及しました。
慣れ親しんだご自宅からご家族揃ってお立ち会い頂け、他のご遺骨との取り違い事故の心配が無いこともあり、近年多くの飼い主様から支持されています。

従来のペット火葬の問題点

これまで一般的な焼却炉では煙や臭いなどの有機有害物質を熱分解するため「2次燃焼室」を排気口に装備し発煙の防止を行っております。
しかし体脂肪分が多い御遺体の火葬ではそういった従来技術だけでは煙や臭いが抑えきれないため、住宅地での出張火葬に対応出来ず、出棺後遠く郊外まで移動し、更に発煙を少しでも抑えるため時間をかけ低温でゆっくり火葬をするのが通常です。
そのため移動や火葬により多くの時間や労力を要するため料金も割高となります。

ココが違います

特許取得 独自開発の超低煙技術【ゼロ次燃焼方式】

弊社独自開発の超低煙技術【ゼロ次燃焼方式】で特許を正式に取得しております。
従来の2次燃焼方式だけでは避けられない発煙や臭気の発生、更に消費燃料やCO2の発生を大幅に抑えることで近隣への配慮や地球環境にも優しい新型ペット火葬炉を搭載しております。
ハムスターや小鳥などの小動物から成猫や小型犬までご自宅駐車スペースでのお立会い火葬が特許技術により可能となりました。
また火葬に適した駐車スペースがご自宅前に無い場合は近隣に配慮した安全な場所へ移動し火葬完了次第直ちにご自宅までご返骨(お骨上げ)にお伺い致しますのでご安心下さい。

ペット火葬の未来

これまで都会のペット霊園(斎場)で近隣住民とトラブルが発生しているケースの多くは、やはり主に煙や臭いが原因かと思われます。
また心情的に近隣で毎日火葬や葬儀が行われていることに対して、あまりよいイメージを持たない方も少なからずいらっしゃるかと思います。
その点、ペット移動火葬車は特定の場所で連日葬儀や火葬を行わないため、常に同じ住民の方々が物理的にも心情的にも我慢を強いられないことも移動ペット火葬車の特徴であり大きな利点です。
勿論、マンションや狭い路地など駐車困難であったり、近隣のご理解をなかなか頂けない可能性がある場合はご出棺の後、住宅などが無い周辺に十分配慮した安全な場所での火葬となるため、特定住民に負担をかけない優れた葬儀及び火葬サービスです。
更に、遠くの霊園まで出向かなくてもご家族揃ってお立会い頂け当日その場でのご返骨となるため、他のご遺骨と万が一の取り違いもございません。
小さなお子様やお年寄り、お身体の不自由な方がいらっしゃるご家庭でも、最後のお別れからお骨上げまでご案内申し上げます。
【ペット訪問セレモニー福山】は自信を持って訪問セレモニーでのファミリー葬をお勧め致します。